"未分類"の記事一覧

「アレクセイと泉」チェルノブイリ原発事故後もこんこんと湧き出る清らかな泉

原初の地球は強い放射能に満ちていたという。 それがようやく減衰し、生物の棲める環境がととのい、人類の祖先が誕生した。 ヒトは放射線と共存しつつ進化してきたともいえる。 春分を過ぎ、日が長くなった。 頭上の核融合原子炉も冬の日と比べるとはるかに高い。 太陽の光と熱の恩恵にあずかりながら、ヒトは地上に原子炉をつくった。 それ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「原子炉時限爆弾」を読んで

余震が続く。 慣れっこになってしまうのが怖い。 「天災は忘れた頃にやってくる」と言ったのは地震研究所員だった寺田寅彦。 日本列島は吊り橋の上にのっているようなものだ、という彼の言葉も最近の「天声人語」に紹介された。 寺田寅彦は当然のことながら「プレートテクトニクス」理論を知らなかった。 それでも科学者の直感は凄…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新型インフルエンザの教訓

渦中にある時は誰でも、事の成り行きを正確に見極めるのは難しい。 現実はいつも想像の域を越えているようだ。 新たな大惨事が起これば、たちまちにして過去の事件は忘れ去られる。 千年に一度の災害に遭遇して、その圧倒的な不安のただ中では、ほんの一年前の出来事でさえ、まるで夢のように感じられる。 2009年の冬に、あれほど心配された新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more