アクロイド殺し

417E0NDpeOL._SY445_SX342_.jpg


言わずと知れた、アガサ・クリスティによるポアロシリーズの第3作目にあたる。
アガサを一躍有名にしたのは本作であり、未だに版を重ねる名著とされる。
様々なミステリベスト100などの選出では、常に10位前後に顔を出す作品だ。

フェア・アンフェア論争で有名な作品なので、初読でもすでに犯人を知った上で読むことになるかもしれない。
のっけから起きる殺人事件に、手記のかたちで事件後の展開が語られる。
意外な犯人にどんでん返しをくらう読者と、ネタバレ後の読者とでは、おのずから読書の視点がかわってくる。
当然、うまくだまされてしまった、という感慨の方を読者は喜ぶものだ。

一方、ミステリには倒叙法というスタイルがあり、テレビでは刑事コロンボで知られるように、最初に事件の全貌が明かされ、犯人も分かっている。
この場合の見どころは、探偵役がしらを切る犯人をいかに追い詰めてゆくか、その推理と手法にある。
本作で招聘されるのは、すでに探偵を引退したポアロである。
未読だった私はポアロがどこで犯人の目星をつけ、事件を解決してゆくか、その手際に、関心のすべてがあった。
つまり、倒叙法のミステリを読む感覚で本作を読んだのだった。

登場人物の、誰もが何かを隠しているようにみえる。
それぞれの立場によって、殺人を犯す動機があり、可能性があり得る。
そんな状況下で、ポアロの灰色の脳細胞にも最後まで一抹の謎がわだかまる。
ジグソーパズルの最後のワン・ピースがぴたりとはまり、一服の絵が完成するように、事件の真相が明らかになる。
この解放感をカタルシスと呼ぶのだろうか。

フェア・アンフェア論争は、実は語り手こそ犯人だったという結末が、読者に対してフェアではないとする意見から引き起こされた。

(思うに、語り手こそ何かを隠しているのではないか、という疑念は、ひょっとしてすべてのフィクションに通じるものかもしれない)
何よりもアガサ・クリスティの作品は読みやすい。
トリック以前に、作品に奥行きを与える描写や会話に読者は心奪われるのだ。
(これはミステリに限らない小説作法の基本だが)


※ アクロイド殺し  アガサ・クリスティー 著  早川書房(’14.3)

この記事へのコメント