「血の収穫」を読んで

51E0SbE6W5L._SX354_BO1,204,203,200_.jpg



ミステリーのなかでも、ハードボイルドは私の特別な一角を占めている。
ウエットな日本の風土がハードボイルドに適さないというのは偏見かもしれないが、日本の作家の作品へと向かうことはまずない。

ダシール・ハメットの長編第一作「血の収穫」新訳版を読んだ。
彼の影響を受けたレイモンド・チャンドラーの方が年上であることを今頃知ったのだが、映画の黒澤明だけでなく、日本の小説もその影響下に多数書かれてきた。
一般にハードボイルドの原型はハメットを嚆矢とするようだ。

実際ハメットは、「われわれは眠らない」の標語で知られる米大手のピンカートン探偵社で働いていた経緯から、作品のモデルや事件などその経験がもとになっている。
雇われ探偵のコンティネンタル・オプはその時の上司がモデルだという。
オプは小太りの中年男ということになっていて、その風采はおよそハードボイルドのヒーローに相応しくないように思われるのだが、本作は彼の一人称語りなので、かっこいい必要はないのかもしれない。
却って作品のリアリティを保証していることになるだろう。
何よりも自分の経験から生み出された作品は、そのバイオレンスにまがい物でない迫真性を与えている。

情け容赦のない〈血の掟〉が全編を支配していて、町の実力者も警察も、その例外ではない。
正義とか悪の境界線に再定義が必要なのではないか・・・
そんな疑念が生じるのは、殺人や暴力に対する抑止力がどこにも存在しない世界が描かれているからだ。
規律と名づけられるのは唯一、探偵仕事の作法や規範に関わる。
ハードボイルドはまさに、その覚めたカメラアイのような客観性から必然的な表現となった。
それは文体をも決定する。
短いセンテンス、感情を交えない客観描写、抽象性を排した具体的表現、・・・

フィクションでは、現実の世界で不道徳とされる行為も、表現の可能性に原則制限はもうけられない。
暴力表現で物議をかもした映画監督サム・ペキンパーも黒澤明を通じて、やはりハメットの系譜に属している。
暴力の抑止とは・・・
虚構のバイオレンスが、偽善ではない、真実の平和について考えさせるのだ。

因みに私立探偵定番のトレンチコートは塹壕(トレンチ)に由来する。
ハードボイルドは戦争の影をひきずっている、と言われる。
ハードボイルドは無意識のうちに、戦場の不条理を克服しようとしているのかもしれない。



※ 血の収穫  ダシール・ハメット 著  田口俊樹 訳
                     創元推理文庫(’19.5)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック