リハビリは片手間ではできない

中華丼.jpg

変形性股関節症で人工関節置換術を受けてから4週間近く経った。
今日もホームの廊下を行ったり来たり、インターバルをとりながら、ふつうの歩行に加え、横歩きや太ももを高く上げての歩行を繰り返す。
戸外でのウォーキングははるかに疲れるので、自信のない時は、廊下での歩行や自室での筋トレ、スクワットにとどめておく。

ホームのナースは退院後の私がどんな状態で戻ってくるのか、心配したらしい。
回復力の早さに驚かれた。
しかし、外を歩く時、足が鉛のように重いのはどうしたことか。
いつになったらフットワークの軽さをとりもどせるのだろうか。

病院の若い看護師に「日にち薬」という言葉を教わった。
焦っても、回復の要は時間である。
またリハビリで筋力をつけることの重要性を諭された。
といってもリハビリ病院に転院したり、通院することもなく日常に復帰した。
考えてみれば、入院する前から、痛みを避けて運動量の少ない生活を送っていたのだから、回復に倍の時間がかかるのは仕方がない。
焦ることの不毛を思い、粛々と地味な運動を反復する。

当初はリハビリなど片手間にできるものと楽観していたが、とんでもない。
リハビリを優先順位の筆頭に位置づけ、他の雑用には目をつぶって、まずリハビリに時間を割く。
そうしなければリハビリなどできるものではない。
そうした覚悟は以前の私にはなかったものだ。
成果は少しずつでも実感できるので、自分を守るのは自分だけ、と孤独なトレーニングは続けられるのだ。

一昨日、ホームのお仲間が逝去された。
懸命なスタッフによる看取りの介護に頭が下がった。
ひとり旅立たれる寂しさは慰めようもないが、看取りのスキルが癒しの文化へと高められるのは、介護する側の成長があるからだ。

亡くなられたSさんは日頃からウェルネスを心がけ、決して弱音を吐かない気丈な方だった。
廊下を歩きながら、何度Sさんの姿が頭を過ったことだろう。


※ 冒頭の写真は、ホームでの昼食(2/20)
  中華丼、ぜんまいのナムル、ワンタンスープ、杏仁豆腐

この記事へのコメント

ワトソン
2021年03月01日 22:02
リハビリという言葉は、当然英語のrehabilitationの短縮ですが、生息する(住む 暮らす)のhabitatに、再びのreがついて、tationがついて名詞に。再び生息すること、です。辞書によると、1リハビリテーション,社会復帰. 
2.復位,復権,名誉回復. 3復興,再建
2.は個人の社会への復帰の意味ですね。トランプが2024年の復帰を狙っているとの報道もあります。これもリハビリですね。願い下げですが。
rehabilitationは英語ではずいぶん広い意味になりますね。訳語は復帰、復興でしょうか? 以前は社会復帰といったように記憶していますが? とても片手間では出来ることではないでしょう。健闘を祈ります。
2021年03月12日 15:34
ワトソンさん、ありがとうございます。
リハビリの広義の意味合いからすると、道は遠いです。

この記事へのトラックバック