明日館を訪ねる

画像




快晴にめぐまれた週日、フランク・ロイド・ライトの建築として有名な明日館を訪ねた。
現在、国の重要文化財として動態保存されている明日館は、もともと女学校として創立された自由学園の校舎だったものだ。
その設計を当時、帝国ホテル建設のために来日して、多忙を極めていたはずのフランク・ロイド・ライトに依頼したという勇気と情熱にまず驚く。
学園創立者である羽仁吉一、羽仁もと子夫妻に潤沢な建設費用を賄うだけの用意があったとは考えられないので、ライトが夫妻の教育理念に賛同して設計を快く承諾したという話は本当なのだろう。
未来を担う子供たちの学校であるということが、創作意欲を刺激したかもしれない。
空間という環境が与える教育効果ははかり知れない。

ホール及び食堂を中心とした中央棟と、両翼に延びた東西教室棟。
1階の床面と地面のレベルを同一平面にする、プレーリースタイル(草原様式)はライトの特徴といわれる。
軒を低く抑え、水平に延びる直線が強調される。
装飾は直線で構成された幾何学文様。
ライトは宇治の平等院鳳凰堂にインスピレーションを得たという。
湿潤な日本の風土に、コルビジェ風のピロティこそふさわしく思われるところ、あえて床面を低くすることによって木材の傷みは避けられなかったようだが。

半階ずつステップアップする床面、簡素でありながら洗練された意匠によって変化に富んだ空間がつくりあげられているのをみると、建設費用の制約内で設計力が果たす効果のほどを思い知らされる。
木と大谷石という素材のやわらかさとのびやかな水平線、交錯する直線のシャープな印象が融合して、くつろいだ落着きを感じさせる。

大正10(1923)年に創立された自由学園は、昭和9(1934)年に東久留米市に移転した。
約10万坪が購入され、校地と父母の分譲住宅となった。
その後2世帯住宅となるなど、時代の流れには逆らえないようだが、今でも緑の多い高級住宅地の面影を保っている。
自由学園東久留米キャンパス
にはフランク・ロイド・ライトの弟子遠藤新、楽父子によって設計された建物が数多く残り、そのうちの5棟が「東京都選定歴史的建造物」に指定されている。
昨年12月には生徒が植えた木を使った「自由学園みらい館」が新たに誕生した。 

近くに住んでいたことがあるので、半ズボンの男子部の生徒が正門前の道路を掃除している姿を見かけたものだ。
基本的な生活上のスキルはどんなにささやかなものであっても、その習得は自信につながるだろう。



画像




画像




画像

西教室棟の廊下
大谷石が敷き詰められた床面と芝生の地面が同一レベルにある
列柱の落とす影と光の対比が美しい
画像

会議室/学園PR室
自由学園の歴史などを伝える資料が展示されている

中央棟食堂
画像

左手、北側の小食堂 突き当り、東の小食堂
右手に暖炉 半階下りてホール、半階上がってギャラリーに至る階段あり

画像

西側の小食堂


画像

食堂からギャラリーへの階段
右手に中央玄関へ下りる階段あり

画像

後に遠藤新の設計により増築された小食堂のひとつより食堂を望んだところ
小食堂はもとはバルコニーだった東、西、中央の三方に設けられており、そのうち北側中央の小食堂である。

画像

左手、東側の小食堂


画像




画像

東側小食堂 南面する窓は増築時不要となった窓を角度を変えて転用している。
ライト建築に特徴的な幾何学的な意匠はこのような変更も可能なのだ。

画像

暖炉上の棚はビルトイン


画像

中央玄関
下駄箱、傘立てが造り付けになっている

画像

教室ではこの部屋のみオリジナルの床材が残っている。
修理の時、全教室から使えるものを集めたという。
地面と床面が同じ高さになっているのがライト建築の特徴だが、それはライトが多く住宅建築をつくったシカゴなどの乾燥地に適した工法だった。
湿潤な日本では床材の痛みも激しかったと思われる。
画像

ひし形の窓
明日館が女学校として使われていた当時(大正10~昭和9)教室には照明がなかったという。
この窓は、外光を取り入れるために、保存修理の際に新たに追加されたのではないかと推測されている。
画像

天窓
天空光と電灯を併用している

中央棟ホール
画像




画像




画像

正面フレスコ画のような壁画は、修理工事の際厚く塗られた漆喰の下からあらわれたという。
創立10周年に生徒たちの手によって描かれたもの。
題材は校歌の一節にもなっている旧約聖書出エジプト記からとられている。

背もたれが六角形になった椅子は、ライトもしくは遠藤がデザインしたと考えられている。
ライトは家具を建築の一部ととらえ、その調和をはかっていた。

画像

明日館の顔ともなっているホールの大窓
ライトは高価なステンドグラスを使わず、木製の窓枠、桟で幾何学模様を構成し、変化に富み洗練された窓を演出した。
照明器具
画像




画像

フランク・ロイド・ライトに対するオマージュとして3人の建築家、デザイナーによる照明器具。
暖炉は半階上の食堂の暖炉と背中合わせになっている

画像

紙のタリアセン 坂茂による 紙管を用いている
以上の照明器具はヤマギワオンラインストアで購入できます

画像

ホールの吹き抜け2階部分、ギャラリーから眺めた大窓


中央棟ギャラリー
画像




画像

ミニ・ライト・ミュージアム


画像

ギャラリーの階段より食堂へと下りる

講堂
画像

講堂2階貴賓席より舞台方向を望む
講堂は短期間のうちにフランク・ロイド・ライトの設計手法を習得した遠藤新によるもの

画像

舞台上より1Fギャラリー2F席方向


画像

講堂東面の外観





この記事へのコメント

2018年02月12日 19:47
明日館・・・とても有名ですね!
ウリ坊は、初等教育に使われていて、関係者以外は立ち入れないのかと思っていました。
記事を拝見して、HPを見て、一般人も見学できると知りました。また、機会があれば行ってみたいです。
ご紹介、ありがとうございました。
2018年02月12日 20:57
ウリ坊さん、ありがとうございます。
亡父は、私が子供の頃、一度は自由学園に入れようかと考えていたようです。 創立者の羽仁もと子氏のことを「口うるさいばあさんだよ」と言っていたそうですが。
明日館のような、地面と床面が同一平面上にある「草原様式」は憧れていましたが、湿潤な日本の風土では不可能に近いと思っていました。
催しさえなければ、見学がてら優雅なティータイムを楽しむこともできますよ。

この記事へのトラックバック